フォーティナイン

集めた6枚か7枚のカードの合計で49を目指すブースタードラフトゲームです。
タイトル 49(フォーティナイン)
人数 3-6人
時間 15分-
ジャンル ブースタードラフト
作者 yio


遊び方

ランダムなカードセットからカードを選択していき、足して49に近づけることを目指します。ぴったり49なら高得点ですが、超えてしまったらバーストとなり、得点は得られません。6枚目のあとで多数決をとり、最後の1枚を引くかどうかを決めます。低いカードを集めて、バーストを回避するか、ぴったり49をめざすのか。最後のカードを選択するのか、やめるのか。いろいろな思惑が交差する中でうまく得点を稼ぎましょう。

ラウンド

カードを裏向きにしてよく混ぜ、7枚ずつのカードセットを7個作る。
各自好きなカードセットを1つ選んで手札とする。
のこりはわきによけておく。

カードの選択

すべてのプレイヤーが同時に手札の内容を確認して、そこからカードを1枚選ぶ。
選んだカードは、裏向きで自分の前に置いておく。
※自分の前のカードは、ゲーム中いつでも自由に確認してよい。
残りの手札をすべて左隣のプレイヤーの手札とする。
右隣のプレイヤーから手札を受け取る。
全員が6枚目を選ぶまで、カードの選択を繰り返す。
残った7枚目のカードは、左隣のプレイヤーの前に裏向きでおく。

7枚目の投票

全員、7枚目のカードの上に片手を置く。
そのカードを手札とするかどうか、全員の心が決まるのを待つ。
代表者(だれでもよい)の号令のもと、「カードを手札にしたくない」人は一斉にカードから手をはなす。
過半数の人が手をはなした場合、7枚目のカードは裏向きのまま、わきによける。そうでない場合は7枚目のカードを手札とし、選択した6枚のカードに加える。
その後、得点計算を行う。

得点計算

選択したカードを公開し、カードの数字を合計して比べる。

誰かが49ぴったり?

49ぴったりのプレイヤーが1人だけいたら、そのプレイヤーがゲームの勝者となる。
49ぴったりのプレイヤーが2人以上いたら、プレイ人数と同じだけの点数を分け合う。余った点数は切り捨てる。
例えば、5人プレイのとき、49ぴったりが2人いたら、2点ずつを獲得し、1点は切り捨てる。

49ぴったりじゃない!!

49ぴったりのプレイヤーが1人もいなかったら、カードの数字の合計によって、得点を得る。
  • 数字の合計がいちばん低い人:数字の合計が50以上の人を数え、 人数と同じだけ得点する。該当するプレイヤーが複数いた場合は 点数を半分ずつ分け合う。余った数は切り捨てる。
  • 数字の合計が49以下で、49にいちばん近い人:数字の合計が 49以下の人を数え、人数と同じだけ得点する。該当するプレイ ヤーが複数いた場合は点数を半分ずつ分け合う。余った数は切り 捨てる。

自分以外がみんな50以上?

数字の合計が49以下のプレイヤーが1人だけのとき、そのプレイヤーがゲームの勝者となる。

得点の合計が、プレイ人数と同じかそれ以上になったプレイヤーがいたら、ゲームを終了する。

ゲームが終了しなければ、次のラウンドにうつる。

ゲームの勝敗

いちばん得点の高いプレイヤーがゲームの勝者となる。
いちばん得点の高いプレイヤーが複数いたら、その全員で勝利を分かち合う。


Q&A

コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-11-21 20:17:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード