セブンミニッツ

カードと出目の偏りにあなたの決断が試される、あっという間に終わるダイスゲームです。
タイトル セブンミニッツ(7 minutes)
人数 2-6人
時間 7分-
ジャンル ダイスバースト
作者 yio

概要

「めくる」か「とまる」か、シンプルで手に汗握る、約7分間で決まる度胸試しゲームです。 山札から好きなだけカードをめくって並べ、ダイスをふってチャレンジします。 カードとおなじ出目がなければ、得点として獲得できますが、おなじ出目があれば減点となります。
カードをたくさんめくれば、高得点を狙えますが、減点のリスクも増えていきます。

準備

カードを裏向きにしてよく混ぜ、重ねて山札とする。
スタートプレイヤーを適当に決める。

手番

スタートプレイヤーから始め、時計回りの順に手番を行う。
手番では《カードをめくる》と《カード獲得の判定》を順番に行う。

カードをめくる

山札から1枚カードをめくる。 山札のとなりに、まだカードが1枚もなければ、カードの列の1枚目として置く。 すでにカードが置かれている場合、おなじ数字のカードがあれば、そのカードの上に重ねて置き、なければ列の最後に加える。カードの列は山札から遠ざかるように順番に並べる。
「7」のカードをめくった場合は、そのカードを列に並べた後、直ちに《カード獲得の判定》に進む。 「K」のカードをめくった場合は、そのカードを列に並べた上で、さらに3枚、山札からカードをめくらなければならない。
※「K」によって追加でカードをめくるときは「7」をめくっても3枚まで続けてめくり、その後《カード獲得の判定》に進む。

以上の操作を、好きなだけ(あるいは「7」がめくられるまで)続ける。

カード獲得の判定

列の長さ(重ねられているカードを除いた、めくられているカードの枚数)と同じ回数、ダイス2個を振る。ただし「K」がめくられている場合は「K」より山札側に並べられている列の長さは無視する。

ダイスの出目の合計が、めくられている、いずれかのカードの数字と同じになれば、直ちにそのカードと、より山札側のカードすべてを裏向きで獲得し《カード獲得の判定》を終了する。 ただし「A」がめくられている場合は、山札側ではなく、代わりに山札から遠い側のカードを獲得し《カード獲得の判定》を終了する。

カードを裏向きで獲得することなく、ダイスを規定の回数振り終えたら、めくられているカードすべてを表向きで獲得する。
獲得したカードは手元に置いておく。

ゲーム終了

手番中に山札がなくなったら、その手番を最後まで行ってゲームを終了し、得点計算をする。

得点計算

「7」のカードは1枚3点、他のカードは1枚1点として計算する。
表向きのカードは得点、裏向きのカードは減点とする。
合計点が最も高かった人が勝者となる。同点の場合は、勝利を分かち合う。

ヴァリアント

『ワンモア!』ルール

ダイスを振った結果,無事獲得できそうなあなた,ちょっと待ってください!それだけで満足ですか?? 満足でなければ,山札からもう1枚めくってみてください.
  • もし最後の出目の合計と違う数字のカードをめくったなら,そのカードも表向きで獲得することができます.
コングラッチュレーション!ただし,注意してください.
  • 万が一,出目の合計と同じ数値のカードをめくったなら,獲得するはずだった全てのカードも併せて表向きではなく裏向きで獲得しなければなりません.
裏向きのカードは減点です.グッドラック!



Q&A

コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-11-20 03:30:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード