セブンダイス

6面ダイス(以下:ダイス)が鍵を握るセブンの構成を活かしたゴーアウトです。

人数 3-4人
時間 15分-
ジャンル ゴーアウト
作者 リョウスケ

概要

手札・共有札・ダイスを組み合わせ、同じシンボルの3つ以上の連番(以下:ラン)を出し、得点を得ます。
一番得点の多かったプレイヤーが勝者となります。

準備

スタートプレイヤーを適当な方法で決めます。
カードを裏向きにしてよく混ぜ、プレイ人数に応じて各プレイヤーにカードを配ります。

3人:スタートプレイヤーのみ17枚、他プレイヤーは16枚ずつ
4人:スタートプレイヤーのみ13枚、他プレイヤーは12枚ずつ

また、下記のダイス1つずつを振り、場に置きます。
ダイスの色 対応するシンボル
ピンク ハート
オニオン
オレンジ ブック
黄色 コイン
水色 スター
タイム
コフィン
すべてのシンボル
※ダイスの色は一例です。

進行

スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。
手番ではランを自分の手元に出すか、手札1枚を場に出します。
その後、左隣のプレイヤーに手札1枚を非公開で渡します。

ランを出す場合

ランを自分の手元に出す場合、自分の手札からだけではなく、他プレイヤーの共有札や各シンボルに対応したダイスを使って自分の手元に出すこともできます。

例:自分の手札のハートのA、他プレイヤーの共有札のハートの2、ピンクのダイスの3、黒のダイスの4

共有札

共有札とは場に出した札と、直近に出したランの札を指します。
ランを自分の手元に出す時は古い方を自分側、新しい方を他プレイヤー側に出すなどして、どのランが直近に出したランかわかるようにしましょう。

手札1枚を出す場合

①手札1枚を場に出す前に、場に置かれたすべてのダイスを振ります。
②黒以外のダイス1つの目を好きな目に変え、自分の手元に置くことができます。(②は以下:キープ)
③手札1枚を場に出します。

自分・他プレイヤー問わず、キープしているダイスは場に置かれていないダイスとして扱います。(つまり、上記①の対象になりません。)
また、他プレイヤーがキープしているダイスはキープすることができませんが、自分がキープしているダイスはキープし直す(好きな目に変える)ことができます。

ランの補足

ランを自分の手元に出す方法は4パターンあります。

パターン1:すべて自分の手札を使う。
ランの数字がそのまま得点になります。

例:自分の手札のオニオンの2、自分の手札のオニオンの3、自分の手札のオニオンの4⇒7点

パターン2:自分の手札1枚以上と他プレイヤーの共有札1枚以上を使う。
他プレイヤーが場に出した札は何枚でも使うことができますが、他プレイヤーが直近に出したランの札は1人につき1枚までしか使うことができません。
また、他プレイヤーが場に出した札と、他プレイヤーが直近に出したランの札1枚までは一度に使うこともできます。
こちらもランの数字がそのまま得点になります。

例:共有札(他プレイヤーが場に出した札)のブックの3、自分の手札のブックの4、自分の手札のブックの5、共有札(他プレイヤーが直近に出したランの札)のブックの6⇒18点

パターン3:自分の手札1枚以上とダイス1つ以上を使う。
場に置かれたダイス、自分・他プレイヤーがキープしているダイスどれでも使うことができますが、ダイスの数字は得点になりません。

例:自分の手札のコインの4、黒のダイスの5、自分の手札のコインの6⇒10点

パターン4:自分の手札1枚以上と他プレイヤーの共有札1枚以上とダイス1つ以上を使う。

例:水色のダイスの2+黒のダイスの3(水色のダイスの5として扱います)、自分の手札のスターの6、他プレイヤーの共有札のスターの7⇒13点
※黒のダイスは他のダイスに目を足すこともできます。

ダイスを含むラン

ダイスを含むランを自分の手元に出した後、ランを出すのに使ったダイスを振り(振らなくても良い)、場に置きます。
続けてダイスを含むランが自分の手元に出せる場合、何度でも出すことができます。
続けて出した場合も、ランを出すのに使ったダイスを振り(振らなくても良い)、場に置きます。

ゲーム終了

プレイヤーの1人が手札をすべて出し終えたら、ゲーム終了です。
得点を合計し勝者を決めます。

Q&A

コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-10-29 10:41:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード